大使館TOP領事情報TOP安全対策>安全の手引き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

T はじめに

 

 ポルトガル共和国は、ヨーロッパの中では犯罪発生率の低い国の一つと言われています。しかし、経済問題等を背景に、殺人や住居侵入強盗等の凶悪犯罪が増加傾向にあります。また、国境の実質的な撤廃により、人や物の流入に関しポルトガルは、ヨーロッパ各地への密輸の経由地として利用されており、こうした点を踏まえると「ポルトガルは決して安全な国ではない」ということができるでしょう。

 

 このマニュアルには、いくつかの防犯上の心構えと対策が記されていますので、みなさまの安全確保に少しでもお役に立てば幸いです。日頃から「いざという時、一番頼りになるのは自分自身」という心掛けで行動し、ポルトガルでの滞在を楽しく豊かなものにしていきましょう。

 

 

目 次

 

T はじめに

U 防犯の手引き

1 防犯の基本的な心構え

2 最近の犯罪発生状況

3 防犯のための具体的注意事項

(1) 住居(選択及び警備方法等)

(2) 外出時(スリ,置引き,窃盗,強盗,傷害,暴行,車上狙い,夜間の行動等)

(3) 生活(近隣者,訪問者,使用人,家族,電話,郵便物,鍵,長期旅行等)

(4) その他の注意事項

4 交通事情と事故対策

5 テロ・誘拐対策

6 緊急連絡先等

(1) 緊急時の連絡先
    (病院警察外国人局消防観光空港航空会社交通機関カード会社等)

(2) 簡単な緊急時のポルトガル語表現

V 在留邦人用緊急事態対処マニュアル

1 平素の準備と心構え(連絡体制の整備、退避場所、携行品及び非常用物資の準備)

2 緊急時の行動(基本的心構え、情報の把握、公館への通報等、国外への退避)

3 緊急事態に備えてのチェックリスト

W おわりに

 

 

 

 

領事情報TOPへ戻る

 

大使館TOPへ戻る